スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばん魔女の駅の窓。


[広いでしょう。]


[今日は人が多いわ~。]



二人は駅の構内を歩く。


大きな窓から光がさしている。


[もうこんな時間だわ。]


少女は時計を見る。


[あなたは今夜泊まる所は?]


[決まってないんだ。]


[そう~。]


[叔母の家は駅から近いわ。]


[あなたも叔母の家にいらっしゃらない?]




[最近はゲストもいなくて寂しがっているわ。]


[叔母もきっと喜ぶわ。]



[僕が行ってもいいの?]


少女はうなづく。



[僕はジョン。]


[私はメアリーよ。]

[さぁ~。行きましょう。]



まじょ まじょ~。





TOMIKO NAKAGAWA
















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。