スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばん魔女のホ-ム。

少年は窓から外を見る。


遠くに建物が見える。


汽車が大きく揺れる。


「駅に着くよ~。」


「あたしはこの駅で降りるよ。」


少年は窓から外を見る。

駅のホ-ムに多くの人影が見える。


「今日はめずらしく乗客が多いね~。」


汽車が気笛を鳴らし減速しホ-ムに入って行く。



「ほらっ!すごい人だよ。」


大きな荷物をを持った人々が目に映る。



汽車が音を立てて止まる。


「さぁ~。着いたよ。」


老女は立ち上がり大きな鳥籠とカパンを持つ。



「あたしはここで降りるよ。」



「あの~。」


「なんだい?」


「ありがとう。」


「あんたは気をつけてお行き~。」


老女はドアに向かって歩き始めた。



少年は老女の持っている鳥籠を見る。


「あっ!あれは?」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ

TOMIKO NAKAGAWA










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。