スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばん魔女のパン。



「どう~?」


「おいしい?」


「エッグとベ-コンもあるわよ~。」



「昨夜は風が強かったかしら?」


「えっ?」


「鏡?!」



「あの鏡は年代物よ。」


「あたしがこのハウスに引っ越しした時にあの部屋にあったわ。」



「すてきな鏡でしょう?」



「今日は気持ちのいい朝だわ~。」



「パンのおかわりはいかが?」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。



スポンサーサイト

おばん魔女のモ-ニングカップ。



一階へ降りて食堂へ。



「おはよう~。」


「昨夜はよく眠れた?」


「今日はいいお天気よ。」


「さぁ~。」



「朝食にしましょう。」



「焼き立てのパンに取れたての野菜、フル-ツに。」



「あたしがブレンドしたティ-よ。」




「あなたのモ-ニングカップはこれ!」



「ミルクもあるわよ。」




「どうぞ召し上がれ~。」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。



おばん魔女の朝食。



ドアを叩く音。


目が覚める。


ベットから起きあがりドアを開ける。


「おはようございます。」


「お目ざめになりましたか?」


「朝食のご準備が出来ております。」



「どうぞ一階へ~。」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。







おばん魔女のベッド。




風が吹く音で目が覚める。



窓のカ-テンが風で揺れる。


ベットから起き上がりカ-テンを少し開け窓の外を見る。


「あれは?」



カ-テンを閉める。


しばらくすると太陽の光が部屋を照らし始めた。


ベットに戻り横になり再び眠りにつく~。





まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。



おばん魔女の魚達。


光が指す方向へ小舟を漕ぎ沖まで出ると魚達は消えてしまった。



「もうすぐだよ~。」


「まっすぐお進み~。」




小舟が渦巻きに吸い込まれてゆく~。




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。



















おばん魔女の小舟。




「夜が明ける前にあんたはハウスへお帰り~。」



「夜が明けると二度と戻れないんだよ。」



「来た道はもう見えなくなってしまった。」



「この小舟に乗ってお帰り~。」




「この魚達が沖まで案内するよ。」




「手を出してごらん~。」



「これを持ってお行き~。」




「あんたに会えて良かったよ。」



「楽しかったよ。」




「さあ~。」



「光が指す方向へまっすぐ漕いで行くんだよ。」




「舟が出るよ~。」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。










おばん魔女の好物。

「さあ~。」


「お食べ~。」


「どうしたんだい?」


「お腹が空いてないんかい?」



「これはあたしの好物だよ。」


「口にあわないかい?」


「遠慮しないでお食べ~。」



「ところであんたはどこに生まれたんだい?」


「いい所だね~。」



「両親は?」



「そうかい~。」



「兄弟は?」


「そうかい~。」



「あたしと一緒だね。」



「まぶしいかい?」



「この物に目がくらまなかったゲストは..。」


「あんたが初めてだね。」



「みんな目がくらんで盗もうとするんだよ。」



「あっ!」

「あれかい?」


「あれがそうだよ。」




「あんたはいい目をしているね~。」



「あんたのような目を」



「一度だけ昔に見たことがある。」


「いい目だね~。」



「そろそろ夜が明けるよ。」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。






おばん魔女の椅子。


「着いたよ~。」


「ここがあたしのハウスだよ」


「さぁ~。」


「お入り~。」



「まぶしいかい?」



「こっちへおいで~。」



「この椅子にお掛け~。」



「あんたの顔を近くで見せておくれ~。」



「いい顔だね~。」



「あたしは一人でここに住んでいるんだよ。」



「この森に住んで150年になるかね~。」



「あんたの名前は?」



「いい名前だね~。」



「久しぶりのゲストだね~。」



「何か食べるかい?」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。




おばん魔女の橋。


「この橋を渡るんだよ。」


「下を見るんじゃないよ。」


「吸い込まれないよに気をつけな~。」



「あたしのハウスへ。」


「さぁ~。」



「おいで~。」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。

おばん魔女の森。



「ここは妖精の森。」


「水中に咲く花たちが光リ輝き道を照らしているわ。」



「光を見てまっすぐ歩くんだよ~。」



「あそこに見えるのがあたしのハウス。」



「あたしについておいで~。」




「もうすぐだよ。」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。





おばん魔女の寝室。



シャワ-を浴びてガラスポットの水を飲み眠りにつく。




「そこに眠っているあなた~。」



「目をおさまし~。」



「あたしはここよ~。」




「そこに眠っているあなた~。」



「目をおさまし~。」



「あたしはここよ~。」



「鏡をごらん~。」



「目が覚めた?」



「あなたがゲストね~。」


「あたしはここに住むサムよ。」



「あなたを迎えに来たわ~。」


「あたしのハウスへおいで~。」



「鏡に近づいてごらん。」


「鏡に手をあてて~。」



「さあ~。」


「いらっしゃい~。」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。

おばん魔女の鏡。



「えっ?」


「鏡はどこかって?」



「鏡はベットの横の壁に大きな鏡があるわ。」


「それと...。」



「夜の間は窓のカ-テンを開けないでね。」



「ここは夜になると風が強くなるのよ。」



「お水はベットの横のサイドテ-ブルの上のガラスポットに入っているわ。」



「どうぞ~。」


「ゆっくりお休みなさい~。」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。





おばん魔女のゲストル-ム。



「ここがあなたのお部屋。」


「ゲストル-ムよ。」


「すてきでしょう。」


「こちらが寝室。」



「寝室の奥がバスル-ムよ。」



「ランプはこれを使ってね。」



「今夜はゆっくりお休み~。」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。









おばん魔女の自画像。

「あらっ?」


「もうこんな時間だわ~。」



「あなたのお部屋へ案内するわ。」



「どうぞこちらへ~。」



「この階段を上って一番奥の部屋よ。」



「えっ?」


「あの絵は誰だって?」



「あの絵はあたしの母の自画像よ。」



「美人でしょう~。」



「母はとても優しくて料理も上手だったわ。」




「あのドアの奥があなたのお部屋。」



「ラマンダ~パパイヤ~バビリブ~。」


「今日お泊りするお客様よ。」



「お部屋の準備を~。」



「ドアが開いたわ。」



「どうぞお入り~。」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。





おばん魔女のティ-カップ。



「彼女達が眠る時間だわ~。」


「今夜の演奏はとても良かったわ。」


「ゆっくりおやすみ~。」


「ラマンダ~パパイヤ~バビリブ~。」




「あなたドリンクをもう一杯いかが~?」


「お腹がいっぱいなの?」


「お料理がちょっと多かったかしら?」



「ラマンダ~パパイヤ~バビリブ~。」



「さあ~。」



「残った料理を持ってお行き~。」




「これでテ-ブルがすっきりしたわ。」



「ラマンダ~パパイヤ~バビリブ~。」



「このティ-カップで。」



「あたしがブレンドしたティ-をどうぞ~。」



「お飲みくだされ~。」



「このティ-で今夜はぐっすり眠れるわよ。」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。



おばん魔女のフル-ツ。


「フル-ツはこの大きなスプ-ンが食べやすいわ。」



「どう~?」



「おいしいでしょう~。」




「まわりを気にしなくていいわよ。」




「どうぞ召し上がれ~。」




「あらっ?」



「音楽が止まったわ。」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。


おばん魔女のクリスタル。



「デザ-トよ。」


「そんなに驚かなくていいわ。」




「あたしの大好物。」



「クリスタルの輝きは最高よ~。」




「どうぞ召し上がれ~。」




「ドリンクはいかが..?」





まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。


おばん魔女のデイナ-。

「どう~?」



「おいしい~?」



「これはとれたてよ。」



「食器も豪華でしょう~。」



「これがデイナ-のドリンクよ。」



「このドリンクを飲むと元気になるわよ~。」


「あたしは毎晩このドリンクを飲んでいるわ。」



「どうぞ~。」



「お飲みくだされ~。」




「あらっ?」



「音楽を忘れていたわね。」



「ラマンダ~パパイヤ~バビリブ~。」



「デイナ-の音楽は。」



「彼女達が演奏するわ。]



「さぁ~。」



「デイナ-をゆっくり召し上がれ~。」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。








おばん魔女のキャンドル。


「どうぞこちらへ~。」


「デイナ-よ。」


「ラマンダ~パパイヤ~バビリブ~。」



「豪華メニュ-でしょ。」



「さぁ~。」


「食べましょう。」


「あらっ?」



「キャンドルの灯が消えたわ。」



「ラマンダ~パパイヤ~バビリブ~。」



「これで消えないわ。」



「豪華キャンドルよ。」




「どうぞ召し上がれ~。」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。







おばん魔女のランプ。

「さぁ~。」


「お食べ~。」


「今日の夕食だよ。」


「食べたらゆっくりお休み~。」



「あらっ?」


「すっかり暗くなったわ。」



「ラマンダ~パパイヤ~バビリブ~。」



「ほらっ!」


「このランプの明かりで。」



「随分明るくなったでしょう。」



「このランプはあたしの宝物~。」



「風が強くなって来たわ。」



「あなた今夜はどこに泊るの?」



「外は風が強くて暗いわよ。」



「今夜はあたしのハウスにお泊り~。」



「大丈夫よ。」



「心配しないで。」




「さぁ~。」



「夕食にしましょう~。」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。







検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。