スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばん魔女の夕日。


「このミラーは古くなったね~。」


「あらっ?」


「夕日ね~。」


「この部屋から見る夕日は綺麗でしょ~。]



「昔住んでいたハウスから見る夕日も綺麗だったわ~。」




「あらっ?」




「目が覚めたみたいね。」



「ちょっと待ってね...。」





まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。



スポンサーサイト

おばん魔女の人形の服。


「箱の中を見たいって?」


「ナムアミ ナムアミ カサブラ~。」



「出てきたわよ~。」



「人形の服よ。」



「すごい数でしょ~。」



「あの服があたしのお気に入り~。」




「あらっ?」



「消えちゃたわね...。」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。

















おばん魔女の箱。


「そんなに驚かなくてもいいわよ~。」



「あそこを見てごらん。」



「隠れ場所よ。」




「あらっ?」



「ダリ-があきらめて出て行ったわね。」



「人形がおもちゃ箱へ入ったわ。」



「風も止まったでしょ~。」



「ここがあたしの遊び場所。」




「えっ?」



「あの箱は何かって?」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。






おばん魔女の隠れ場所。


「見てごらん。」




「さぁ~!]


「出ておいで!」


「出てこなければ...。」


「このおしおきだよ!」





「ほらっ!」



「人形が踊りだしたわ。」



「ダリ-が杖を大きく振ったわ。」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。







おばん魔女のメイド。


「怖いでしょ。」


「ほらっ!」


「みんな隠れたでしょ~。」



「えっ?」


「おもちゃ箱から人形が出てきたって...?」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。



おばん魔女の屋根裏。


「あなた聞こえなかった?」



「あたしの気のせかしら..?」



「あらっ?」



「ドアを叩く音がしたわ。」




「ナムアミ ナムアミ カサブラ~。」



「メイドのダリ-だわ。」



「彼女がドアを叩いているのね。」



「屋根裏で遊んでいると..。]



「いつもダリ-に見つかるのよ。」



「ダリ-はずっと昔からこのハウスで暮らしていたわ。」




「ダリ-は怖いわよ~。」



「ほらっ。」



「手に持っているでしょ..。」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。



おばん魔女のおもちゃ箱。



「あの服は母の手作りよ。」


「今と随分違うでしょ..。」



「えっ!」



「あれは何だって?」




「あたしのおもちゃ箱。」




「中に何が入っているかって?」



「ほらっ!」



「人形と玩具よ。」




「驚かなくてもいいわ~。」




「あたしのお気に入りの人形よ。」




「あらっ?」



「ドアを叩く音ね..。」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。



おばん魔女のおもちゃ。



「あらっ!」


「屋根裏だわ...。」



「えっ?」



「あの子供は誰だって?」



「あそこで遊んでいる子供は...。」



「人形を抱いているのが従妹のエミリ-よ。」



「その横で絵を描いているのが妹のサリ-。」



「その後ろでおもちゃで遊んでいるのがあたし...。」




「ここがあたしの子供の頃の秘密の遊び場所..。」




「えっ?」




「服がカワイイって?」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。



おばん魔女の人形。

「目が疲れてきたわ~。」



「年をとると見にくくなってね...。」




「あなたの目は綺麗ね~。」



「あたしは昔はあなたのような目をしていたわ。」




「いつ頃か目が悪くなってね..。」




「この眼鏡があたしのお気に入りよ~。」



「えっ?」



「続きを見たいって?」



「ナムアミ ナムアミ カサブラ~。」



「あたしの過去をうつしておくれ~。」




「あらっ?」



「人形...。」



「おもちゃ箱....。」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。














おばん魔女のドア。



「母の杖と同じ杖..。」



「何か音がしたわ...。」



「あなた聞こえなかった?」



「あたしの気のせいかしら?」



「あなた何か見える?」



「目が悪くなってね...。」



「遠くが見えないのよ。」



「ドアに何か描かれているわ..。」



「あらっ?」



「消えちゃたわね...。」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。






おばん魔女の杖。

「あたしの靴によく似ているわ。」


「あらっ?」


「母の靴と同じ靴..。」



「えっ?」



「音がしたって?」



「あたしには何も聞こえないわ。」



「あなたの気のせいよ。」



「あらっ?」



「あそこに何か落ちているわ?」



「暗くてはっきり見えないわね~。」



「杖だわ..。」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。









おばん魔女の靴。



「ナムアミ ナムアミ カサブラ~。」


「ドアが開かないわ。」


「えっ?」


「音がしたって?」


「あなたの気のせいよ~。」


「ここは誰も近よらなかった場所...。」



「やっぱり開かないわ。」



「あらっ?」


「靴が落ちているわ...。」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。




おばん魔女の階段。


「何も見えないわ~。」


「えっ?」


「何か動いたって?」



「あなたの気のせいよ..。」



「奥にドアが見えるわ~。」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。


おばん魔女の地下室。



「ナムアミ ナムアミ カサブラ~。」


「あらっ?」


「映ったわ~。」


「階段よ。」


「暗くて見えないわね..。」


「えっ?」



「天井に何か見えるって?」


「何かしら...?」




まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。


おばん魔女の扉。



「どうしてかしら?」


「えっ?」



「その奥の扉は開かないのかって?」


「あの扉は数百年も前から誰も開けられないのよ。]


「なぜだって?」


「あの扉には誰も近よらないの...。」



「えっ?」


「何か音がしたって?」



「あなたの気のせいよ~。」



「あらっ??」



「消えちゃたわね。」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。


おばん魔女のワイン。

「ナムアミ ナムアミ カサブラ~。」


「ほらっ?」


「地下室へ行く扉が開いたわ~。」


「階段を降りると...。」


「ここが地下一階。」



「左をご覧~。」


「ワインの貯蔵庫よ。」



「そんなに驚かなくていいわよ。」


「自家製のワインよ。」



「あのドアを開けると....。」


「地下2階へ降りる階段があるわ。」



「えっ?」


「地下2階を見たいって?」


「ナムアミ ナムアミ カサブラ~。」



「あらっ?」


「ドアが開かないわね?」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。


おばん魔女のキッチン。

「ナムアミ ナムアミ カサブラ~。」


「ドアが開いたわ~。」



「どうぞ~。」


「ハウスの中をご覧くだされ~。」



「どう~?」


「天井が高いでしょう?」



「えっ?」


「すごいって?」




「あのドアの奥がダイニングル-ムよ。」



「シャンデリアが綺麗でしょう?」



「その奥がリビングよ。」


「広いでしょう?」



「その奥がキッチンよ。」



「あらっ?」



「今お肉を焼いているところだわ...。」




「えっ?」



「2階を見たいって?」



「ナムアミ ナムアミ カサブラ~。」



「ここが2階のリビングよ。」



「あらっ?」



「リビングの椅子に座っているのは?」



「あたしの祖母だわ...。」



「眠っているわね..?」



「奥の部屋があたしとサリ-の部屋よ。」



「窓から外のガ-デンが見えるでしょう?」



「サリ-はあの窓からいつもガ-デンを見ていたわ。]



「その奥が寝室よ。」



「えっ?」



「3階を見たいって?」




「ナムアミ ナムアミ カサブラ~。」



「この部屋がゲストル-ムよ。」



「豪華でしょう?」



「奥は寝室とバスル-ムよ。」



「えっ?」



「地下室を見たいって?」


まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。


おばん魔女の部屋。

「あのハウスがあたしと妹のサリ-が住んでいたハウスよ。」



「お花が綺麗でしょう~。」


「えっ?」


「すごいハウスだって?」


「そうね~。」



「このハウスよりずいぶん天井が高く、広いハウスだったわ。」


「ほらっ!」


「あの窓から見える部屋がサリ-とあたしの部屋よ。」



「えっ?」


「部屋の中が見えないって?」




「あらっ?」


「ガ-デンの入り口に立っているのは..?]



「お隣のメリ-だわ...。」



「彼女はあたしのフレンドよ。」


「彼女も美人でしょ~。」


「彼女は背か高くて歌が上手だったわ。」



「えっ?」


「ハウスの中を見たいって?」


まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。



おばん魔女のヘア-(髪型)。

「どうぞ~。]


「この椅子にお掛けくだされ~。」


「あらっ?雨も上ったわ。」


「ミラ-のくもりも消えたわ。」



「ミラ-をごらん~。]


「ナムアミ ナムアミ カサブラ~。」


「あたしの過去をうつしておくれ~。」



「ほらっ!」


「見えるでしょ~。」



「あの丘の上に立っているのが若い頃のあたし...。」


「美人でしょう?」



「その横に座っているのが妹のサリ-。」


「美人でしょう?」



「えっ?」


「サリ-にそっくりだって?」


「そうね~。」


「若い頃はサリ-によく間違えられたわ。」



「サリ-はあたしの3才年下。」


「賢くて優しい妹よ。」


「彼女の得意は絵を描くこと。」



「ほらっ?」


「よく見てごらん~。」


「座って絵を描いているでしょう~。」



「あたしは絵が苦手だったけどね。」


「サリ-は絵が上手だったわ。」



「えっ?」


「髪型も似ているって?」


「そうね~。」


「今と随分違うわね?」



「年をとると髪も薄くなってね..。」



「えっ?」


「妹のサリ-はどこに住んでいるのかって?」



「彼女は隣町のタバサに住んでいるわ。」



「彼女も年をとったわ...。」



「ほらっ!」



「あれを見てごらん~。」



まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ。


おばん魔女の伝説。








検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。