スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばん魔女ミラ-。

「顔色良くなったわね。」

「このドリンクを飲むと肌につやがでるのよ。」


「ところで?」

「随分遠くから来たのね。」


「道に迷ったの?」



「あなたの名前は?」


「いい名前ねぇ~。」



「あっ!」

「これっ?」

「これはあたしのミラ-よ。」


「見ててね。」



「ナムアミ ナムアミ カサブラ~。」


「あたしの過去をうつしておくれ~。」



「これが子供の頃のあたし。」


「カワイイでしょ。」




「ナムアミ ナムアミ カサブラ~。」

「あたしの過去をうつしておくれ~。」



「ここがあたしの生まれた場所よ。」


「遠くに見える海がきれいでしょ。」



「そんなに驚かなくていいわよ。」


「このミラーはあたしの宝物なの。」




「えっ!もっと見たいって..?!」




まじょ まじ~。



おばん魔女の伝説
スポンサーサイト

おばん魔女ドリンク。

「どうぞこちらへ~。」

「この椅子にお掛けくだされ~。」


「ここがあたしのお気に入りの場所よ。」


「どう~?」


「ここから眺める景色は最高でしょ~。」



「せっかくのお客様だから。」


「お飲み物でも...。」


「どうぞ~。」


「あらっ!心配しなくてもいいわよ。」


「これはあたしの手づくりドリンクよ。」


「昔母から教わった健康ドリンクよ~。」


「どう?」


「美味しいでしょ。]



「あらっ?」


「目が覚めたみたいね。」


「心配しなくていいわよ。」


「お腹が空いているのよ。」


「はい!お食べ~。」


「ほらね!おとなしくなったでしょ。」


「眠り始めたわ..。」



「どう?」

「元気になった?」


「ドリンクのおかわりはいかが~?」



まじょ まじょ~。



おばん魔女の伝説

おばん魔女ハウス。

「あらっ!驚いた?」


「あれはあたしのお気に入り~。」


「心配しないで。」


「今日はご機嫌いいのよ。」


「どうぞお入り~。」



「どうしたの?」


「あれっ?」


「あたしの自画像よ。」


「いくつだったかしら?」


「そうねぇ~。」



「はっきり覚えてないんだけど..。」


「100年前だったかしら~?」


「若い時は美人でしょ。」



「どうぞこちらへ~。」



まじょ まじょ~。



おばん魔女の伝説
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。