スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばん魔女の伝説移転のお知らせ。

おばん魔女の伝説はこちらをご覧ください。

http://ameblo.jp/oban-gogo/
スポンサーサイト

おばん魔女の小窓。



ハウスに入ると目の前に階段がある。

[あなたのお部屋は二階のあの部屋よ。]

階段の下から二階の部屋のドアが見える。



[今日はおいしいワインが手にはいったから。]

[今夜は腕を振るってごちそうを作るわ~。]

[さぁ~。お客様をお部屋に案内してちょうだい。]




二人は階段を上る。



[この部屋があなたのお部屋よ。]


メアリーはドアを開ける。


[すてきでしょう。]


[叔母の趣味よ。]


[奥にシャワールームがあるわ。]


[どうぞ~。]


少年は部屋に入る。


[夕食までお部屋でゆっくりしていていいわよ。]


[私はキッチンで叔母の料理のお手伝いをしなくちゃ。]


[じゃ~ね。]


ドアが閉まる。


窓際にデスクが一つ。

洋服タンスとベットが一つある。

デスクの上にはランプがある。


少年は窓から外見る。


隣のハウスの屋根が見える。


カバンを置き靴をぬぎベットに横になる。


天井の四角い小窓から夕暮れの空が見える。


眠気がおそい眠りにつく。


ドアをノックする音で目がさめる。


[夕食の準備ができたわ。]


少年はベットから起き上がり靴を履きドアを開ける。


[今夜はごちそうよ。]




まじょ まじょ~。






































おばん魔女のドア。


[着いたわ。]


[この家よ。]



少女は大きな玄関ドアをたたく。


ドアが開く。


[お帰り~。]


[遅かったね~。]


[あらっ?]


[誰なの?]


[私のフレンドのジョンよ。]



[めずらしいね~。]


[あなたがフレンドを連れてくるなんて...。]


[さぁ~。お入り~。]



まじょ まじょ~。



TOMIKO NAKAGAWA


おばん魔女の坂道

[こんな時間だから今日は市場は人が少ないわ。]


[そこのお嬢さん。]


[取れたての野菜はいかが?]


[安くしとくよ。]



市場には色とりどりの野菜が売られている。



市場を通りすぎると細い坂道が見える。


[あの坂道を上ったところよ。]


二人は石だたみの坂道を歩く。


[もうすぐよ。]


少年は前方を見る。


子供達数人が遊んでいる。


[あの家よ。]


まじょ まじょ~。




TOMIKO NAKAGAWA
























おばん魔女の市場 



二人は駅の構内から駅の外の広場に出る。



[あそこに見えるのが市場よ。]


[叔母はいつもあの市場で野菜を買うのよ。]


[あの市場を抜けると坂道があるわ。]


[その坂道を上ったところに叔母の家があるわ。]



[さぁ~。行きましょう。]


まじょ まじょ~。





ワンクリックをどうぞ

TOMIKO NAKAGAWA

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。